SNSへの投稿はくれぐれも慎重に

⑴SNSは投稿する前に内容をチェックする

最近はSNSを利用する方が増えています。
普段友達と会話するような感覚で投稿する方もいらっしゃいますが、投稿する前に内容をチェックする必要があります。

SNSを利用するということは、不特定多数の方にチェックされる可能性があるということをあらかじめ認識しておかなければなりません。
人によって考え方は大きく異なります。

深く考えずに投稿すると、自分にとっては影響のない発言であっても、チェックする人によっては傷つけるような発言となる可能性もあります。
どのような立場の人が読んでも失礼のないよう、内容を確認する癖を身に着ける必要があるかもしれません。

日本には世間体というものが存在し、自分の欲求よりも世間体が優先される時代がありました。
世間を気にすることで、無意識のうちに失礼のないよう言動を慎む風潮があったと考えて間違いありません。

最近は世間よりも自分の欲求を大切にする風潮が強まり、世間と言う言葉自体使用されなくなってきました。
若い世代では、世間を意識するということ自体なくなってきているのかもしれません。

(2)自由には責任が伴う

世間を意識せず自分の欲求を大切にすることは、自分の能力を発揮していく上でよいことです。
しかし自由には責任も伴います。

自由に発言し行動するのであれば、発言や行動によって起きる事柄に対して責任を取らなければなりません。
自分が発言したり行動することが、周りにどのような影響を与えるのか意識して考える必要があります。

世間を気にしていた時代は、意識しなくても無意識のうちに発言や行動を慎むことができましたが、これからは意識して自分の発言や行動について考える必要があります。

写真や動画の投稿に関しても気を配る必要があると考えて間違いありません。
写真を掲載した場合、自分の所持している持ち物や風景等から、何処に住んでいるか予測される場合があります。

普通に楽しんでもらう場合はよいですが、住居をつきとめられストーカーの被害に遭う可能性もあります。
子供の写真を掲載すると、誘拐事件に結びつく可能性が全くないとはいえません。

ありとあらゆることを考え、全てを公開するのではなく、ここまでというラインを設定する必要があります。

⑶友達関係のバランスを崩すきっかけになる可能性もある

また、友達関係のバランスを崩すきっかけになる可能性もあることについても考える必要があります。
憧れていた高額な商品を購入できた場合、嬉しくなって写真を撮影し公開したくなる方も多いかもしれません。

しかし、憧れているものを購入したくても購入できない方がほとんどではないでしょうか。
仲のよい友達の場合、自分が手にできないと感じることが多くなると、友達が嫉妬する可能性もあります。

嬉しい気持ちで写真の公開を行っただけかもしれませんが、友人関係のバランスが崩れるきっかけとなるかもしれません。
友達に知られることのないように公開しても、不特定多数の人に嫉妬される可能性もあります。

どのようなことがおきる可能性があるか、写真を公開する前に一度考えてみることをお勧めします。
動画に関しても、面白いことを行うと注目を浴びるのではないかと考え、軽い気持ちで公開してしまう方も多いはずです。

自分が面白いと感じても、他の方が同じように面白いと感じるとは限りません。
軽率な行動を行うと、迷惑をかける可能性もあります。

自分の行っている行動が客観的に考えてどうなのか、考える必要があります。
投稿する前には様々なことを考え配慮する必要がありますが、適度に配慮することができるようになると、日常に生活でもいろんな人に対して気配りができるようになるかもしれません。

コミュニケーション能力がアップし、人から評価されるようになる可能性もあります。
世間が意識されなくなった時代ですが、SNSに投稿することで上手に自分を律することができるようになり、人の立場を踏まえて行動できるようになるかもしれません。